原状回復義務と経年劣化

引っ越し後の掃除はどこまでやるべき?

借りていた部屋を引っ越すとき、掃除はどうしていますか。

 

「どうせ清掃業者が入るんでしょ?」と最初から放り出している人はいませんか。

 

部屋を退去する際、貸借人は、借りた時点の状態に部屋を戻さなくてはなりません(原状回復義務といいます)。

 

もしも汚れや傷が残った場合は、契約時に支払った敷金から、清掃費や修繕費がまかなわれます。

 

つまり、きれいに掃除して返却すれば、ある程度敷金が帰ってくる可能性もあるということ!

 

部屋の掃除

 

「でも、忙しくて掃除にそれほど手間や時間をかけていられない……」という方もあるでしょう。

 

実は、原状回復義務といいましたが、傷や汚れの全部を住人が負担しなければいけないわけではありません。

 

家主さんの負担するものもあるのです。

 

部屋を使う中でできた汚れや傷、破損のうち、どういったものを家主が負担し、どういったものを住人が負担するかは、国土交通省がガイドラインを作成しています。

 

それによると、家主の負担は「経年劣化と通常損耗」によってできた損傷です。

 

経年劣化は、時間が経つうちに自然にできてしまった傷など。

 

通常損耗の方は、法律用語なので例によってわかりづらいですが、普通に暮らしていれば当然できてしまうような汚れ、傷を指します。

 

たとえば、

 

  • 日が当たったことによる、畳やクロスの変色(経年劣化)
  • カーペットのへこみ
  • 家電の後ろの壁にできる黒ずみ
  • 壁の画鋲穴(通常損耗)

 

などは、家主の受け持ちになります。

 

住人が受け持つ範囲は広くなるのでまとめるのは難しいのですが、

 

  • 手入れが悪いためにこびりついてしまった汚れ
  • タバコなど個人の都合でついた汚れ・臭い
  • ペットがつけた傷

 

などは、これは間違いなく住人の責任になります。

 

逆に、エアコンの設置のために壁に穴をあけた場合は、これは住人ではなく家主が負担するものになります。

 

部屋全体をきれいにして返した方がいいのは間違いありません。

 

でも、時間のない方、忙しい方は、住人の責任と規定されている部分を厳選して掃除することをおすすめします。

 

部屋中を掃除するよりも少ない労力で終わることができますし、敷金も返るかもしれませんよ。

 

 

引っ越しを自分でやるならこちらの記事をどうぞ