エアキャップ、ミラマット、巻きダンボール

引っ越しの必需品、緩衝材を使いこなす

引っ越しの荷造りをするときに必要不可欠なのが、緩衝材です。

 

荷物に傷がつくのをガードしたり、ダンボール箱の隙間を埋めたりと、用途は広いですね。

 

この記事では、エアキャップ、ミラマット、巻きダンボールなど引っ越しの荷造りにあると便利な緩衝材をいくつか紹介します。

 

エアキャップ

 

「緩衝材なら、丸めた新聞紙で済ませていてるよ」という方も、一読してみてください。

 

エアキャップ

一般にはプチプチシートの方が通りがいいですね。緩衝材といえば真っ先にこれを思い浮かべる方も多いと思います。知名度、用途のバリエーションNo.1、緩衝材の王様ですね。

 

エアキャップのメリットとしては、とにかく価格が安いことがあげられます。某大手通販サイトで確認してみると、60cm×42mのロール1巻が1000円前後で購入できます。契約するとダンボール箱と一緒に無料で提供してくれる引っ越し業者も多いですね。

 

傷防止に家具の側面に貼ったり、壊れやすいものを包んだりと汎用性が高いです。荷物の隙間を埋めるのに使うと、新聞紙よりも重量が軽くなります。

ミラマット

あえてエアキャップのデメリットをあげるとすれば、少し厚みがあることでしょうか。そのため、たとえばたくさんの食器類を包むと体積が大きくなってしまいます。

 

ミラマットは表面に細かい気泡のあるポリエチレンシートです。家電のパーツを包むのに使われたりするので、見たことがあると思いますよ。薄手なのでかさばらず、またフレキシブルに使えます。

 

また、食器類にかんしていえば、ミラマットの他、クレープ紙やクッション紙も使えます。クッション紙は、紙に細かい切れ込みを入れて柔軟性とクッション性を高めたものです。お店で食器を買うとこれで包んでくれますね。

巻きダンボール

ダンボールは、波型に加工した紙に両側から紙を貼った構造になっていますが、片側だけに紙を貼って、柔軟性を持たせたものです。家具など、大型の荷物に巻きつけて使います。耐久性が高いので、長距離の移動の際は巻きダンボールで保護すると安心です。

 

重い家具の下に敷いてクッションにしたり、植木に巻いて保護したりなど、しっかりとガードしたいものに使うとよいと思います。

 

 

引っ越しを自分でやる前にこちらの記事をどうぞ