未成年の引っ越し

通常、賃貸住宅で保証人などが必要

未成年者が引っ越しをする場合、業者との契約はどのようになるのでしょう?

 

たとえば大学進学のために実家を出てアパートに引っ越すという場合は、未成年であることも多いですよね。

 

未成年者が主体になって業者と交渉したり、契約を結んだりすることはできるのでしょうか。

 

引っ越しの契約書

 

結論から言うと、引っ越し業者は、契約その他に年令による制限は設けていません。

 

つまり、未成年者でも成人と同じように契約ができるということです。

 

引っ越し業者としては、「引っ越し料金の支払いがきちんと行われるか」ということだけが重要で、そこがクリアされれば契約者の条件は問題にしないのだそうです。

 

極端なことをいうと、小学生や未就学児でも、お金さえ払えば契約ができることになります。

 

でも一般的には、未成年者の場合はたとえ支払いに問題がなくても親の同意が必要になることがほとんどです。

 

たとえばエステサロンに行ったことがある方は、契約時には店舗に親同伴で行ったり、契約書に親の書名をもらったりした経験があると思います。

 

ましてや引っ越しは高額な料金が発生する契約です。

 

親の同意書などが要らないのは不思議ですよね。

 

おそらくこれは、賃貸契約の存在が、同意書のような役割になっているのだと思います。

 

引っ越しは当然転居先がありますよね。

 

その場合、賃貸住宅に入居するためには、未成年、学生などは親や後見人の保証が必要ですし、就業している場合はある程度収入の有無をチェックされます。

 

つまり、賃貸住宅に引っ越すという事実が、契約者の身元保証の代わりになっており、そのために、引っ越し業者は未成年でも同意書その他の手続きをはぶくことができるということでしょう。

 

また、実家や親戚の家に引っ越す場合は、そこの世帯主が身元保証になりますよね。

 

賃貸住宅を契約する場合に保証人が必要になるという制度はいろいろとデメリットがあり、見直しも検討されています。

 

不便な制度に違いはないのですが、こんな形で役立つこともあるわけです。

未成年者でも引っ越し業者と契約できるの?関連ページ

春!大学新入生の一人暮らしシーズン
センター試験が終わって、国公立大学の2次試験はこれからという方もいるかもしれません。晴れて「サクラサク」となれば、ワクワクドキドキの新生活が待っています。故郷を離れ一人暮らしを始める人もいますよね。
賃貸契約のときに必要な「連帯保証人」とは?
入居者が家賃の滞納、設備の破損といったトラブルを起こしたとき、連帯保証人にも弁償の義務が生じます。拒否権もありません。連帯保証人は、頼む場合も頼まれた場合も、責任の大きさを考慮すべきです。
一人暮らしにかかる初期費用はどれくらい?
自分で引越しを考える人は、一人暮らしの初期費用も気になりますよね。一人暮らしを何処で始めるかによっても初期費用は違います。また男性か女性かでも住環境を考えたら変わるでしょう。まず一人暮らしを始めるには…
荷造りするだけでもかなりのエネルギーを費やす…
「引越し」には、どちらかと言うと良いイメージを持っています。ちょっと大げさですが、引越しをすることによって人生をリセットできるような気がするからです。ところで、年度初めではなくとも、引越し後の生活はいつでも新生活であると言えますよね。ただ、荷造りするだけでもかなりのエネルギーを費やします
敷金・礼金・保証金……、どんな支払いなのかを知っておこう
入居時に支払う敷金は、家賃の滞納にあてたり、部屋のクリーニングなどに使うお金です。礼金は大家さんへのお礼ですから、戻ってきません。西日本では敷金と礼金をまとめて、保証金としておさめます。
猫と一緒に引っ越しするときの注意点いろいろ
猫は環境の変化が苦手なため、引っ越しは準備期間からストレスを感じる可能性があります。猫グッズは極力動かさない、当日は使い慣れたおもちゃと一緒に一室に閉じ込めておくなどの対策が必要です。