賃貸契約の連帯保証人

家賃を滞納し、強制退去にならないように!

アパートなどを契約したとき、契約書には「連帯保証人」を書く欄があります。

 

学生時代に一人暮らしをした経験のある方は、親の名前を書いたりしたのではないでしょうか。

 

この連帯保証人、なぜ必要なのでしょう?

 

そして保証人にはどんな役目があるのでしょうか?

 

連帯保証人というと、借金を思い浮かべる方が多いと思います。

 

知人の連帯保証人になって、多額の負債を肩代わりさせられた云々……などという話がありますが、賃貸契約の連帯保証人も、性質はまったく同じです。

 

つまり、部屋を借りている人が家賃を滞納したり、または設備を破損して弁償できない、という場合、連帯保証人が弁償しなくてはならないのです。

 

しかも連帯保証人は入居者本人と同じ義務を負うことが法律で定められています。

 

これはどういうことかというと、たとえば家賃の滞納があった場合、本来なら入居者に請求するところを、いきなり保証人に請求しても認められる、ということです。

 

家賃滞納で強制退去

 

ちょっと聞くと非現実的な例のようですが、家賃を滞納したまま入居者と連絡が取れなくなる、というケースは意外とあるようです。

 

その場合は、上記のように連帯保証人に家賃の請求が行きます。

 

しかも厳しいことに、この場合、保証人は基本的に支払いを拒否することはできません。

 

このように、賃貸契約でも連帯保証人の責任はとても重いです。

 

いくら親しくても友人や知人に頼むのはおすすめできません。

 

頼むなら親、親戚など身内の方がよいと思います。

 

逆に、連帯保証人を頼まれた場合は、責任の重さと、そして責任が長く続くことを考慮するべきです。

 

連帯保証人の立場は、入居者が部屋を解約するまで継続されます。

 

賃貸契約が更新されると一緒に更新されますし、やめる場合は新しい連帯保証人を探さなくてはなりません。

 

ちなみに、連帯保証人のこうした難しい性質、そして責任の大きさが、部屋を借りづらくしているとの指摘もあり、保証人制度を撤廃するという案も出ています。

 

ウィークリーマンションでは、保証人がなくても入居できるところがすでに増えていますね。

賃貸契約のときに必要な「連帯保証人」とは?関連ページ

春!大学新入生の一人暮らしシーズン
センター試験が終わって、国公立大学の2次試験はこれからという方もいるかもしれません。晴れて「サクラサク」となれば、ワクワクドキドキの新生活が待っています。故郷を離れ一人暮らしを始める人もいますよね。
未成年者でも引っ越し業者と契約できるの?
未成年の場合でも、引っ越し業者と契約は問題なく行えます。引っ越し料金の支払いさえ保証されれば、年令などの条件は加味されません。賃貸住宅に入居する際の身元保証が、そのまま引っ越し契約の保証になっているためと思われます。
一人暮らしにかかる初期費用はどれくらい?
自分で引越しを考える人は、一人暮らしの初期費用も気になりますよね。一人暮らしを何処で始めるかによっても初期費用は違います。また男性か女性かでも住環境を考えたら変わるでしょう。まず一人暮らしを始めるには…
荷造りするだけでもかなりのエネルギーを費やす…
「引越し」には、どちらかと言うと良いイメージを持っています。ちょっと大げさですが、引越しをすることによって人生をリセットできるような気がするからです。ところで、年度初めではなくとも、引越し後の生活はいつでも新生活であると言えますよね。ただ、荷造りするだけでもかなりのエネルギーを費やします
敷金・礼金・保証金……、どんな支払いなのかを知っておこう
入居時に支払う敷金は、家賃の滞納にあてたり、部屋のクリーニングなどに使うお金です。礼金は大家さんへのお礼ですから、戻ってきません。西日本では敷金と礼金をまとめて、保証金としておさめます。
猫と一緒に引っ越しするときの注意点いろいろ
猫は環境の変化が苦手なため、引っ越しは準備期間からストレスを感じる可能性があります。猫グッズは極力動かさない、当日は使い慣れたおもちゃと一緒に一室に閉じ込めておくなどの対策が必要です。