猫と一緒に引っ越し

準備、当日、移動中、新居に到着してから

引っ越しというのは家族全員、人間にとっても動物にとってもにとって大きな出来事ですが、とりわけ猫にとっては大きな事件です。

 

というのは、猫は生活環境が変化するのを好まないし、そもそも変化が苦手な動物だからです。

 

状況の変化に応じて行動を変化させるのは脳の前頭葉がになっているのですが、猫は前頭葉が比較的小さくできているため、周りがめまぐるしく変わるのは大きなストレスになってしまうのです。

 

そんなニャンコたちですから、今までの暮らしが一変する引っ越しは一大事件です。

 

猫を飼っている方が引っ越しをする場合は、荷物整理と一緒にニャンコのケアにも気を配りましょう。

 

アパートの中の猫

 

引っ越し準備期間 部屋の様子が日々変わっていくので、落ち着きをなくしてしまうかもしれません。せめて、猫が使っているトイレや寝床、タワーなどは直前まで動かさず、落ち着ける空間を確保してみてください。
引っ越し当日 知らない人が大勢出入りするストレスから、家を飛び出してしまう子も少なくないそうです。どこかの一室を閉め切って、猫にはそこで待っていてもらいましょう。その場合は、落ち着けるように普段使っているタオルやぬいぐるみを一緒に置いてあげます。間違って開けないようにドアには貼り紙も忘れずに。
移動中 「よく知らない場所へ連れて行かれている」とわかると、猫は不安になってしまいます。キャリーケースに入れて、飼い主さんが自家用車や電車で移動させる場合は、外が見えないようにキャリーの窓を覆った方がいいでしょう。猫によっては、飼い主さんが途中で声をかけたり、さわったりするとかえって不安になる子もいるようです。すっぽり覆ったままそっとしておくか、定期的に飼い主さんが顔を見せるかは、各猫の性格を見て判断するとよいと思います。
新居に到着 まずはトイレの位置を決めて設置します。おしっこの臭いがついた砂を少しまぜておくと安心するようですよ。猫をキャリーから出してお水や食事をあげます。とりあえず落ち着いたら、あとはそっとして猫に任せましょう。

 

猫は変化を嫌う一方で好奇心の強い動物なので、新居をあちこち見回って歩くと思います。

 

ニャンコのチェックがひととおり終わったら、新しい環境にもだいぶ慣れていると思いますよ。

 

猫連れ引っ越しは気を遣うことも多いですが、新生活を猫と楽しく始めるためにもぜひ、がんばってください。

猫と一緒に引っ越しするときの注意点いろいろ関連ページ

春!大学新入生の一人暮らしシーズン
センター試験が終わって、国公立大学の2次試験はこれからという方もいるかもしれません。晴れて「サクラサク」となれば、ワクワクドキドキの新生活が待っています。故郷を離れ一人暮らしを始める人もいますよね。
未成年者でも引っ越し業者と契約できるの?
未成年の場合でも、引っ越し業者と契約は問題なく行えます。引っ越し料金の支払いさえ保証されれば、年令などの条件は加味されません。賃貸住宅に入居する際の身元保証が、そのまま引っ越し契約の保証になっているためと思われます。
賃貸契約のときに必要な「連帯保証人」とは?
入居者が家賃の滞納、設備の破損といったトラブルを起こしたとき、連帯保証人にも弁償の義務が生じます。拒否権もありません。連帯保証人は、頼む場合も頼まれた場合も、責任の大きさを考慮すべきです。
一人暮らしにかかる初期費用はどれくらい?
自分で引越しを考える人は、一人暮らしの初期費用も気になりますよね。一人暮らしを何処で始めるかによっても初期費用は違います。また男性か女性かでも住環境を考えたら変わるでしょう。まず一人暮らしを始めるには…
荷造りするだけでもかなりのエネルギーを費やす…
「引越し」には、どちらかと言うと良いイメージを持っています。ちょっと大げさですが、引越しをすることによって人生をリセットできるような気がするからです。ところで、年度初めではなくとも、引越し後の生活はいつでも新生活であると言えますよね。ただ、荷造りするだけでもかなりのエネルギーを費やします
敷金・礼金・保証金……、どんな支払いなのかを知っておこう
入居時に支払う敷金は、家賃の滞納にあてたり、部屋のクリーニングなどに使うお金です。礼金は大家さんへのお礼ですから、戻ってきません。西日本では敷金と礼金をまとめて、保証金としておさめます。