引越し 自分で

手配や準備の手間を考えたら、まずはこちらがおすすめ。

引越しを自分でやろうと思っている人は、いろいろ準備と、そして覚悟が必要ですが、想像以上に大変なものです。例えば自分でやるなら、次のようなことが気になりませんか。

 

レンタカーを借りて引越し

 

  • レンタカーの手配(軽トラ、ハイエースなど車種を検討。2月、3月は予約も必須!? ベッドマットや冷蔵庫が荷台に載るかも自己責任で
  • 駐車スペースの確保と、作業中の荷物のセキュリティ。雨が降った場合の対処方法
  • ダンボールなど資材の準備(一般的な一人暮らしは、20箱前後と言われているが、スーパーなどで自分で手に入れられるものは小さすぎで、湿気を含み強度も心配)
  • 友人や家族に手伝いを依頼した場合の謝礼
  • 冷蔵庫のような重い荷物の対処(階段の運搬、トラックの荷台への積み上げ。部屋の床や壁、マンションの共有部分を傷つけないように運べるか)
  • 家電の設置(例えば洗濯機は排水口の設置などが必要だが、自分でできるか。エアコンの移設の手配)

 

ざっとあげただけでも、自分で引越しするというのは、結構な悩みどころがありますね。これに加えて、荷物の梱包、荷ほどき。住民票の移動や電気ガス水道などの手配も加わります。

 

もし、自分で引越しをする目的が、料金を安くすることなら、引越しはプロに任せてしまった方が、時間の節約につながりお金の面でも節約になったということも…。

 

プロの作業

 

特に、単身パックや、ミニ引越しプランなどを活用すれば、想像以上に安く済むことがあるので、一度、見積もりだけしてもらってから、業者に頼むか、自分でやるかを決めても、絶対に遅くありません!

 

そこでおすすめなのが、引越しの一括見積もり。こちらを利用すれば、料金は驚くほど安くなる可能性が高いんです。

 

このサービスは、パソコンやスマホから申し込むだけで、複数の業者から一括で見積もりをできます。各社の見積もりを比較して、良い条件と思った業者に依頼をすればいいというものです。

 

見積もりをしてくれるのは、単身パックで有名な日通、値引きなど相談によくのってくれるサカイ引越センター、女性スタッフも多いアート引越センターといった大手から、地域に密着した激安の中小業者まで勢揃い!

 

ちなみに、各社、他社より高い見積もりを出しても勝てないことを知っていますので、相場より大幅に安い見積もりを出してくれる可能性も大!

 

 

引越しの一括見積もり 95%以上がまた利用したいというサービスです!

 

 

とにかく、業者に依頼すれば、ダンボールもガムテープも用意してくれ、冷蔵庫、洗濯機、タンスなど重い荷物も一切自分で運ぶ必要なし。マンションや部屋には、傷つかないように保護をつけてくれます。車の心配ももちろんなし。とにかく、料金だけでも調べてみて、ゼッタイに損はありません。

 

利用は無料です! もし、気に入った条件の業者が見つからなければ、どこにも依頼しなくても全く問題ありません。その場合は、自分でレンタカーを手配して引越しすればよいでしょう。

【コラム】 一人暮らしにかかる初期費用

自分で引越しを考える人は、一人暮らしの初期費用も気になりますよね。一人暮らしを何処で始めるかによっても初期費用は違います。また男性か女性かでも住環境を考えたら変わるでしょう。まず一人暮らしを始めるには住む所が必要です。首都圏で暮らす場合を考えてみましょう。アパートの賃貸契約費用ですが、家賃平均は6万円程度だそうです。一般的な計算をすると敷金2カ月で礼金2カ月、他に仲介料など含めると30万円以上はかかります。次に家電や家具の準備です。テレビや冷蔵庫や掃除機に洗濯機と必要なものは沢山あります。新品で揃えるなら30〜50万円ぐらいは必要でしょう。ただリサイクル品で揃えたらいくらか安くなります。首都圏の一人暮らしにかかる初期費用の相場は70万円だと言います。若い女性だとしたら防犯面も気になります。セキュリティーのきちんとしたアパートやマンションとなると、かなり家賃も高くなります。あとは引っ越し費用ですが、引っ越し先で家具などを買い揃えるなら、運ぶ荷物も少ないでしょうから費用も安く済みます。引っ越しを扱う業者では、価格が抑えられた単身の引っ越しプランがあります。距離などにもよりますが、最も安い場合で1万円程度からあると思います。自分一人で運んだり、友人や家族にお願いする人もいますが、まずは見積もりを見てから決めるほうが失敗は少ないでしょう。

雨の日、自分で引越しする時の注意点

梅雨時。外出さえも大変な季節に、自分で引越しをしなければならないとなると、とても大変です。雨の日に引越しをするときの注意点を少しまとめてみましょう。

 

雨の日、荷物が濡れてしまうのは避けられません。特に家からトラックに荷物を運ぶ際にはどうしても防ぎようがありません。トラックが入り口(あるいは建物)近くに寄せられないような場合は、さらに雨ざらしになってしまいます。

 

もちろん引越し当日は雨が降らないのが一番ですが、引越しシーズンである2月3月に軽トラやハイエース、2トントラックなど借りるのは大変な場合も。予約をしておいて、当日、雨だったらどうにもなりません。

 

そのため、料金が高くなっても、荷台に屋根のあるタイプを借りましょう。さらに、雨を想定して予め梱包時に一工夫しておくのがよいです。

 

洋服など、雨に濡れたら困るものは、予めビニール袋に入れてから自分で段ボールに詰めたり、プラスティックの衣装ケースに詰めたりするなどしましょう。雨に濡れてしまうと故障する可能性のある電化製品は特に注意が必要です。エアパッキングでの梱包が必要ですが、これでは十分とはいえないでしょう。故障してしまったら、かえって高くつきます。

 

また、トラックへの搬入が無事終わっても、次は濡れたままトラックに積まれていた荷物を家の中に運び込まねばなりません。家に入れる前にある程度水気を拭き取ってしまいましょう。そのときは使い古しのタオルやバスタオル、トイレットペーパーなどが役立ちます。すぐに取り出してふけるように準備しておくとよいです。

 

その他、雨の日の注意点としては、運転中や荷物運搬時に滑りやすいので、充分注意することです。せっかく安くあげようと自分で手配したのに、事故や怪我なんてことにならないようにしたいものです。

 

自分ひとりではなく、友人や家族に手伝ってもらう場合は、風邪などを引かせてしまわぬよう、最大限の配慮をしてあげてください。

弊社運営サイトのご紹介(外部リンク)

  • らくらくパック http://www.xn--y8ja6ob5qle2d.com/

    らくらくパックを使えば、食器を新聞紙に包んだり、クローゼットの中身を移し替えたり、冷蔵庫の中身を気にしたりする必要なし。忙しい方、妊娠中の方、ご年配の方にも人気のおまかせ・らくらくプランです!

  • 宅急便で引越しする場合の、料金や問題点 http://www.xn--68j585gl8hjrd2qbi35m.com/
    宅急便のダンボールに家電をつめて送ったり、大きな家具を送ることはできるのでしょうか。引越し荷物が少ない人必見です。